ステーク(Stake)の登録の仕方。入金の仕方、ボーナス、評判は?

もくじ

ステーク(Stake)のこと何でも話しましょう。評判はどう?登録の仕方は?

 Stake(ステーク) が日本に進出したのは、つい最近のことです。(2021年)Stake(ステーク)の最も大きな特徴は、日本では2016年ぐらいから仮想通貨(暗号資産)が一般の方にも資産運用として、定着してきた感がありますが、その仮想通貨で入出金ができるブックメーカー(スポーツブック)に特化したカジノとスポーツブックサービス提供している(現在は日本円での入出金にも対応)、ブックメーカーということになります。以下取り扱いスポーツ、
 日本に進出した、新しいスポーツブックに関わらず、急速に日本のベッターから絶大なる指示を得てきたステーク(Stake.com)ですがなぜそんなに急速に指示を得られてきたのか、それには必ず理由があります。
 それらの評価ポイントは次の各ポイントによるものである。
 

ステーク(Stake)はなぜ日本のベッターから指示を得る様になったのか?

まず、大きいのは、最近日本でも人気が急上昇している総合格闘技(UFC)などのスポーツを扱っている点。

【取り扱いスポーツ】
・世界一の総合格闘技団体UFC
・アルファロメオ F1 チーム
・ヒップホップ界の大御所 Drake
ほか多数とパートナーシップ契約をしている非常に信頼性の高い、これからスポーツブックを始めようとする方にも安心・安全に遊べるスポーツブックです・
【決済手段】
Stakeはビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)に特化しているスポーツブックですが、現在は円による入出金もできるスポーツブックです。
2023年から円安の時代が続いていますが、ドルに交換して入金すると、なんだか割高のような感じがしますが、円での入出金ができることにより、そこは余り考えることがなく、普通に日本での「TOTO」などのくじ、・パチンコ・パチスロを遊戯するのと変わらないの感覚で遊べます。
[入金手段]
・銀行振り込み ・仮想通貨各種(BTC,BCH,ETH,LTC, DOGE, XRP, TRX,EOS etc.)
・VegaWhallet(ベガウォレット) ・Much Better(マッチベター) ・Tiger Pay
[出金手段]
・銀行出金  ・仮想通貨各種(BTC,BCH,ETH,LTC, DOGE, XRP, TRX,EOS etc.)
・VegaWhallet(ベガウォレット) ・Much Better(マッチベター)
【評判のVIPプログラム】
普通VIPプログラムのあるスポーツブックは、プレイ金額、プレイ実績によりVIPから降格することもありますが、ステーク(Stake)のVIPプログラムは一度VIPメンバーになることができれば、昇進することはあっても降格になる心配はありません。この点が非常に安心できる点ですね。
[VIPのレベル]
ブロンズからダイヤモンドまでの6レベル。
ベット額によってレベルがあがっていきます。

ステーク(Stake)の登録の仕方

それでは、以下にステーク(Stake.com)の登録の仕方を手順を追って解説していきます。

1まず、ステーク(Stake.com)の公式ページに移動します。

 

公式ページ、下図の「 登録 」をクリックします。
ステーク(Stake)登録の仕方①

2アカウント画面(ステップ1.)に遷移します。

 ・電子メール
 ・ユーザー名(3~14文字以内で作成。)
 ・パスワード
 ・生年月日(生・年・西暦)をプルダウンメニューより選択してください。
  最後に「 続行 」をクリックします。

ステーク(Stake)のアカウントの作成

 

3アカウント画面(ステップ2.)に遷移します。

 1.アカウント作成ステップ2.では[利用規約]を一番下までロールして利用規約を読みます。(Google翻訳などで翻訳して一通りお読みください。)
 2.規約を読みましたら同意して、「 今すぐプレイ 」をクリックします。
  ※すぐにプレイしなくとも、後で[ログイン]してウォレットの作成入金できます。

ステーク(Stake)のアカウントの作成-利用規約

4アカウントのメール認証をします。

 入出金のためには必ずメール認証を行う必要があります。

 1.アカウント作成で登録したメールアドレスに前後して[〇〇さん、Stake.comへようこそ]のメールが届いています。
 2.「 メールを認証する 」をクリックします。
 3.メール認証の終了。メール認証のリンクは12時間で失効するのですぐに認証しておきましょう。
  ※失効した場合は、再度設定が必要です。
 4.これで、メール認証の終了です。
  

ステーク(Stake)のアカウントの作成-メール認証

 

5ステーク(Stake)内にウォレットを作成します。

 スポーツブック・オンラインカジノでプレイして遊ぶためにはウォレット(ステークStake.com内の自分の電子財布)を作成してそのウォレットから資金の入出金を行います。
スポーツブック/オンラインカジノでプレイするためにウォレットを作成しておきましょう。

 1.まず、ご自分のアカウントは前回で作成しましたのでログインしてください。
 2.ログインすると画面の上に[ウォレット]作成リンクがありますのでこれをクリック!
 3.入力は、入手金には必ず必要となる、本人確認書類(免許証・パスポートなど)に表示されていると通り漢字なら漢字、ひらがなならひらがな、カタカナならカタカナで入力してください。

 ①.名前、名字を入力します。
 ②.生年月日すべて、プルダウンより選択。
 ③.国、住所、郵便番号、職業 などすべて入力してください。
 ④.「 続行 」をクリックします。

ステーク(Stake)のアカウントの作成-ウォレットの作成

ステーク(Stake)のウォレットへの入金の仕方

ステーク(Stake.com)のスポーツブック・オンラインカジノでプレイして遊ぶために、ウォレット(電子財布)への入金を行います。
下記の入金手段を選択することができます。もともとステークは仮想通貨(暗号資産)に特化したスポーツブック・オンラインカジノですので現在は下記のような出金方法に限られます。
多くのオンラインカジノやスポーツブックのように、クレジットカードでの入金には対応していませんが、ベガウォレット(VegaWallet)・銀行振込であれば、入金している金額しか使わないため使い過ぎのブレーキになることは間違いないでしょう。
 入金方法の主なものは、「日本円での入金」「電子ウォレット(VegaWallet)からの入金」「仮想通貨(暗号資産)での入金」が主な入金方法です。

 

日本円での入金前に「アカウント認証」を行います。

 ステークカジノ(Stake.com)ではプレイするための資金を銀行振込で行うことができます。日本国内のあなたの銀行口座から日本国内の指定された銀行口座に入金することができるため非常に便利な方法です。
 銀行振込で入金(出金)を行う前に、KYC書類の提出による認証(Level.2)を受けることが必要となります。(本人であるかどうかの認証-普通は免許証・パスポートの画像提出に認証を得る。)
 KYC書類に提出方法を詳しく説明します。※ウォレットがまだ作成されていない場合は、先に作成しておきましょう。
 

1KYC書類を提出する前に電話番号認証をしておきます。

 入金の前に「電話番号認証」ができていない場合は、下記の図のような認証の催促をしてきます。
ステーク(Stake.com)にログインして電話認証を行います。
まずはログインしましょう。

 

1.[ウォレット]をクリックします。
 電話番号認証ができていない場合は下記のような電話番号認証の画面が出ます。
2.国コード・・・日本は[+81]ですのでダウンリストから[+81 Japan]を選びます。
3.電話番号・・・電話番号を入力(番号の最初の0はなくてよい)
4.[送信]をクリック。
 これで電話番号認証は終わりです。

 

ステーク電話番号認証

 

2KYC書類の提出

 KYC書類・・・免許証・パスポートのどちらかの画像を送ります。

1. 免許証-表・裏の画像2枚をスマホで撮って、デスクトップにでも置いておいて、(スマホの場合は写真ホルダ)そのファイルをいつでも選択できるようにしておきます。
2. ①身分証明書(表)をクリックして画像ファイルの表画像選択します。
3. ②身分証明書(裏)をクリックして画像ファイルの裏画像選択します。
4. 画像の縮小版が図のように表示されます。
5. [送信]をクリック。
 これで、KYC書類の提出は完了ですが、提出すぐに認証ではありませんので、気をつけてください。

ステーク(Stake.com)KYC書類の提出方法

 一両日中には認証されますが、画像が不鮮明であったり、はじめに登録した住所、氏名、誕生日、などの表記が異なるとログインしてウォレットを開いたときに、次のような[注意]が出ます。
もし、認証されない理由などがわからない場合は「ステークのサポート」に頼りましょう。何が認証されなかったのかすぐに解決できるはずです。
ホーム画面の右下にヘッドセットのマークがありますのでクリックしてみてください。サポートのチャット入力画面が現れますのですぐにお問合い合わせができます。

ステーク(Stake.com)注意

 
ステーク(Stake.com)のサポート(チャット)
ステークのサポート
チャット画面

ステーク(Stake)のウォレットへ実際に入金してみましょう。

 先程も説明しましたが、ステークへの入金方法の主なものは、「日本円で銀行送金」「電子ウォレット(VegaWallet)からの入金」「仮想通貨(暗号資産)での入金」の3通りが主な入金方法です。
それぞれの入金方法には「最小入金額」「最大入金額」「手数料」が決められていますのでご自分に一番あった入金手段をお使いください。ベガウォレット(Vegawallet)の口座をお持ちでしたら、一番簡単で早い入金が可能となります。(入出金額によりポイントが付くのでお得ですよ。)

 

↓ ベガウォレット(Vegawallet)の口座作成・入出金はこちら(当サイト)↓

">
教えて:ベガウォレット(VegaWallet)の口座開設
教えて:ベガウォレット(VegaWallet)の口座開設
2024.2.13
電子ウォレット「ベガウォレット(VegaWallet)」とは?  2026年までオンラインカジノをメインに入出金サービスを展開していたビーナスポイントが衣替えして新たにベガウォレッ...

1.入金の解説をする前に、下記からステーク(Stake.com)にログインしておきましょう。

 

2.「高速銀行送金」「銀行送金」の場合は以下のページを表示させておいてください。

1.ログインします。
2.[①ウォレット]をクリックします。
3.ウォレットが表示されます。→ 入金(初期)
4.②BTC にカーソルを置く→ 通貨のダウンリスト表示(図1)
5.③JPY を選択。 → 図2が表示される。
6.[入金]をクリックします。
7.◉Vega(電子ウォレット)◉高速銀行送金 ◉銀行送金 が表示されます。(図3)

<図1>

銀行入金01

<図2>

JPY入金画面

<図3> ◉高速銀行送金 ◉銀行送金 はこの状態にしておいてください。

ステーク入金03

入金手段と最小入金額・最大入金額・手数料

入金方法最小入金額最大入金額入金にかかる手数料
VegaWallet(ベガウォレット)1,000円400,000円無料
銀行振り込み1,000円400,000円無料
仮想通貨(暗号資産)なしなし無料

 

ステーク(Stake.com)のウォレットへの入金方法

銀行口座からステークのマイウォレットへの入金方法


 ここでは、銀行から(※ネットバンクのほうがいいですね。)からステーク(Stake.com)のご自分のウォレットに送金する方法です。
銀行から送金する方法には次のような2通りあります。
1. 高速銀行送金
 ステーク(Stake.com)から自分の銀行口座にアクセスし引き落とす方法。
2. 銀行送金
 ステーク(Stake.com)が指定した銀行(PayPay銀行など)の銀行口座に振り込む方法。  以上の2通りとなる。
 振込の速さは、直接自分の銀行にログインしてそこでステーク(Stake.com)へ送金する1.高速銀行送金が断然早い。
高速銀行送金を使用するためには、ネット銀行やネットからログインできて振込できる銀行となります。

では、順に「1.高速銀行送金」「2.銀行送金」について解説していきます。

高速銀行送金の方法


 ネット銀行やwebからの入金ができる口座をお持ちの方に最適な入金方法である「高速銀行送金」について説明します。

1高速銀行送金の方法①

①下記の図から◉高速銀行送金にチェック入れます。
②最小入金額は¥1,000-ですが、ここでは 15,000 を選択。金額15000が表示される。
Depositをクリック!


2高速銀行送金の方法②


 Depositをクリックすると、しばらくすると、下記のように順に、図1、図2、図3の別のページに遷移します。
1.方法の選択。買う(初期は買うになっています。)
2.続くをクリック!
3.日本の都銀、地銀、ネット銀行の一覧が表示されます。
4.引き落とししてもらうご自分の銀行を選択します。(ここでは三菱UFJ)
5.銀行へのログインID、パスワードの入力が求められます。
 銀行によってログインで求められるID、パスワードは異なります。
 三菱UFJでは二通り(店番号・IBログインパスワード)(ご契約番号・IBログインパスワード)などが選べます。
6.次へクリックで銀行とつながり、希望金額が引き落とされ、ステークのウォレットに入金されます。
<図1>
<図2>
<図3>

 

銀行送金の方法

 銀行送金の方法について説明していきます。
高速銀行送金に比べると入金にかかる時間がかかりますが、急がない場合はいいかなと思います。
ただ、スポーツベットなどでは試合の開催される日程が決まっているので、注意が必要です。入金はされたが試合は終わっていたということがないようにしたいものです。
1.ウォレットの入金画面にします。(図1)
2.選択のラジオボタンを◉銀行送金にチェック入れます。
3.金額.15,000をクリックします。→ 金額15000が表示される。
4.運転免許証あるいはパスポート番号の入力を求められます。
 ここで入力しない場合は、後で入力を求められます。
5.Depositをクリック!
6.運転免許証あるいはパスポート番号の入力が先にされていない場合ここに入力します。(図2)
7.NEXTをクリック。
8.振込先銀行と口座番号が表示されます。(図3)  振込先を控えておき、締切期限までに振り込みましょう。
<図1>

銀行振込01

<図2>

銀行振込01

<図3>

銀行振込03

電子ウォレット(VegaWallet)への入金方法


 ここでは、電子決済サービス、ベガウォレット(VegaWallet)【銀行のようなもの】からステーク(Stake.com)のマイウォレットへ送金する方法について解説していきます。
※事前に、ベガウォレット(VegaWallet)の開設が必要となります。
まだ、開設されていない方は下記のサイトの説明がわかりやすいので参考になさってください。
入出金額によってその受取額の0.2%、送付額の0.6%、合計 0.8%がポイントとして受け取れますので非常にお得ですよ。
※最近利用者が非常に増えてきています。

↓ ベガウォレット(Vegawallet)の口座作成・入出金はこちら(当サイト)↓

教えて:ベガウォレット(VegaWallet)電子ウォレットの口座開設

 

1電子ウォレット(ベガウォレット)からの送金方法


① 日本円送金画面からVegaのラジオボタンにチェックを入れる。図1
② 金額の選択(ここでは15,000)
③ ベガウォレットの「ユーザーネーム」「パスワード」を入力。
④ Depositをクリック!
<図1>

ベガからの送金


 

2電子ウォレット(ベガウォレット)からの送金完了


1.電子ウォレット(ベガウォレット)からステーク(Stake.com)のマイウォレットへの入金が完了となります。
 図2・・・マイアカウントへの入金を確認します。
2.ホームに戻ってマイアカウントページのウォレットの左に通貨の残高が表示されます。
 最初はBTC表示ですので、00000B∨をクリックして¥表示にしてください。
 図3・・・入金額(この場合¥10,000.00)になっていれば入金されたことになります。

<図2>

Vegawalletへの入金確認


<図3>

ホーム画面で円の入金を確認


ビットコインなどの暗号資産による入金方法

 2016,2017年頃から日本でも多くの人が仮想通貨(現在の暗号資産)を購入し、爆上げの恩恵を享受した方が増えましたが、私にとっては、このときの仮想通貨は、通貨という感覚よりも、投資としての側面しかなかった感覚である。

 しかしながら、現在では、今流行のEV車、テスラがかつてビットコインでも購入できるなど(現在は,できません。)、また、日本においても何万というショップでビットコイン(Bitcoin)が貨幣と同じように商品の購入に使えることとなっている。

 特に、ここ数年でオンラインカジノ、ブックメーカー(スポーツブック)などでも貨幣と同等の価値を持ち、仮想通貨で遊ぶことができ、勝利すれば現金を得ることができるようになってきた。

 当サイトが紹介する、スポーツブック、ステーク(Stake.com)も元々は仮想通貨で入出金ができるスポーツブックとして特化型のブックメーカーとして人気を博してきました。
 現在では、日本円でも入出金できるようになりましたが、まだまだ、仮想通貨での入出金は「手数料0」「最少入金額・最大入金額」の制限がないなどまだまだ、多くの利点があることなどから、人気の的である。また、勝利金を仮想通貨で受け取ることは、後日、値上がりも考えると二重のドキドキを味わえることになる魅力は捨てがたいものだ。
※もちろん、大きな値下がりというリスクも常に考えないといけないわけだが、、、  ここでは、仮想通貨での入金について解説していきます。
仮想通貨の入出金には「仮想通貨取引所」に口座を解説していることが条件となりますので、まだ口座をお持ちでない方は下記サイトを参考にして口座の開設をオススメいたします。

↓ 仮想通貨取引所の解説は 参考 ↓


 

1電子ウォレット(ベガウォレット)からの送金方法


1.ウォレット(入金)の初期表示はBTCとなっていますので(図1) BTC をクリック。 2.利用可能な仮想通貨の一覧がダウンリストに表示されます。
3.自分の利用したい仮想通貨のリスト上にカーソルを置きクリック。
4.選んだ仮想通貨のステーク(Stake.com)への入金アドレスが表示されるので、このアドレスをコピーし、仮想通貨取引所の送金アドレスにコピペし送金します。(図2)
※注意!※
①入金アドレスは仮想通貨の種類によって決まっているので、取引所が取り扱っていなければ送金できません。
②入金アドレスを間違った場合二度とその仮想通貨は戻ってこないと考えてください。

<図1>

暗号通貨リスト

<図2>

  暗号通貨送金
 

2ウォレットに送金されたかどうか確認!


 実際に、仮想通貨がウォレットに入金できたかどうか、ホームの ウォレット の左横の通貨の残高を確認してください。(はじめにBTCが表示されます。)
入金されていればこれで完了です。(図3)

<図3>

暗号通貨着金の確認 

ステーク(Stake)のまとめ

基本スペック
項目詳細
ライセンスCuracao
サポートsupport@stake.com
ライブチャット
入金方法・VegaWallet(ベガウォレット)←オススメ
・Crypto(BTC,BCH,ETH,LTC, DOGE, XRP, TRX,EOS many others)
・銀行振り込み
出金方法・VegaWallet(ベガウォレット)オススメ
・Crypto(BTC,BCH,ETH,LTC, DOGE, XRP, TRX,EOS many others)
・銀行振り込み
ゲームの種類・スポーツベット
 サッカー、テニス、バスケットボール、アイスホッケー、総合格闘技、卓球
 クリケット、ダーツ、Eスポーツ、ボクシング、モータースポーツ 他ほとんどのスポーツ

・カジノ
 スロット、ライブカジノ、テーブルゲーム
 ブラックジャック、バカラ、ルーレット etc.
ソフトプロバイダーライブカジノ: Evolution, Pragmatic Play
カジノゲーム: Red Tiger, NOLIMIT CITY, GAMOMAT, Relax Gaming, Play'n Go, Push Gaming,
Hacksaw Gaming,ELK Studios, Yggdrasil, Thunderkick, Booongo, GameArt, Betsoft, Quickspin,
Big Time Gaming, Spinomenal, iSoftBet, Playson, Wazdan, BGaming, Microgaming, Endorphina,
Truelab, Evoplay, Habanero, Blueprint, Playtech, Belatra, Golden Hero, Leap Gaming, OneTouch,
AvatarUX, Kalamba Games
スポーツベット トレーダー: betradar
運営元Medium Rare N.V.