教えて:今年度版スティックペイ(STICPAY)の口座の開設方法

スティックペイ(STICPAY)とは?

 現在、世界中では数百万人の利用者がいるというオンライン電子決済サービスでブックメーカーへの入出金に使われる電子決済サービスの一つです。

 オンラインカジノやブックメーカー(スポーツベッティング)のいわゆるゲーミングの世界では入出金に銀行を使うよりもむしろ「電子決済サービス(オンライン送金サービス)」と呼ばれる送金に便利なサービスを使うことが多い。現在ではその代表格が「エコペイズ(ecoPayz)」となります。

 スティックペイ(STICPAY)が誕生したのは2017年ですから、まだまだ、新しい電子決済サービスです。しかしながら、以前にはエコペイズ(ecoPayz)もエコカード(ecoCard)で全国のセブンイレブンのATMで引き出せた機能がスティックペイには実装されています。
 後発ではありますが、機能的には素晴らしいものを持っていると思いますので、今後色々なゲーミングの入出金に使われだしてくるのではないかと思われます。アカウントを作成しておくことをオススメしておきます。

では、スティックペイ(STICPAY)その特徴を列挙してみますと、

スティックペイ(STICPAY)の特徴

① FX取引、ショッピング、引き出しなどが可能
② ヨーロッパは全地域利用可能
③ 香港、インド、インドネシア、韓国、ネパール 、ナイジェリア、 フィリピン、シンガポール、 ベトナムの各種業界で広く利用されている。
④ SUNDERLAND A.F.C.の公式スポンサー
⑥ 日本語完全対応

スティックペイ(STICPAY)の口座開設の方法

 それでは実際に、スティックペイ(STICPAY)の口座開設の方法を解説していきます。私自身は今まで、クレジットカードと、エコペイズ(ecoPayz)しか使ってこなかったのですが今回、新たにスティックペイの口座を作成してみて、決済サービスとしてスティックペイ(STICPAY)を利用するのは全然ありだなと思いました。
 
 他の電子決済サービスと比べてもそんなに登録自体は難しくなく(むしろ簡単)、KYC書類と言われる個人情報である身分証明書及び居住証明書の提出から承認まで非常に素早く完了。。なんと提出から4分で承認されたのです。

 こういった電子決済サービスやウォレットの作成時、最も面倒臭く感じるのがこのKYC提出から承認までに時間がかかることでした。このスピード感はまさに今後、サポートの信頼性にも通ずることなので非常によい印象を持ちました。今後、スティックペイは外せない電子決済サービスとして使っていくことになると思います。

KYC認証時間早い

では解説していきましょう。

1基本事項を入力

まず、公式ページにアクセスします。

1. 下記、公式ページの画面をクリックすることで、公式ページに飛ぶことができますので「STICPAY口座開設」をクリックします。

スティックペイ(STICPAY)公式サイトへ

2. 口座開設の手順が示されます。STEP1 ➡ STEP2(SMS認証)➡ STEP3(申請完了)の流れで進みます。

スティックペイ口座開設手順

3. STICPAY口座開設のため「メールアドレス」「名前」「苗字」「生年月日」「パスワード」「パスワードの確認」を入力、次に国籍」「通貨」などを選択後、すべてのチェック項目に目を通してを入れ「次へ」をクリックします。
なお、入力はすべてアルファベット・パスワードは「少なくとも1つの小文字、1つの大文字および1つの数字が含まれている」必要があります。

STICPAY口座必要事項の入力

2SMS認証を受ける。

 

1. 「SMS認証」画面に移りますので、携帯電はの番号を最初の0を覗いて入力後「認証コード」をクリック!
※なお、携帯電話番号は09012345678 ➡ 9012345678と「0」を省いて入力します。

SMS認証を受ける

 

2. 下記のように「SMS認証入力画面が現れますので、指定の欄に6桁の「認証番号」を入力すると次の画面に変わります。

認証番号を入力する

 

3. 「✔ 認証コードが承認されました。」の画面となるので「次へ」をクリック!

認証コードが承認されました

 

4. 「おめでとうございます!」の画面になって「認証」の完了!

認証完了

以上で基本的な口座の開設は終了ですが、今後いろいろなゲーミングサイトでプレイするためにはこのままでは入出金もできないので口座のアップグレードを行わないといけないです。

そのためにどうするのか?

どこの電子決済サービスからも求められる提出物は口座開設者の身元が保証できる書類、これらのことを「KYCKnow Your Customer)書類」とよびます。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事