教えて:今年度版スティックペイ(STICPAY)本人確認書類の提出

本人確認書類を提出して資金を送れるようにする。

 基本的な口座の開設だけではこれからゲーミング会社などに送金を行い、ブックメーカーなどに参加してプレイすることはできないので、本人確認の書類をスティックペイ(STICPAY)に送って「承認」受け口座のアップグレードを行いましょう。

<現在の口座状態>
 現在はまだ、下記の図のような状態です。口座(アカウント)はできたけど、資金の移動(入出金など)は全くできない状態です。

 ・口座・・・作成済み
 ・居住証明書・・・未提出(未承認)
 ・身分証明書・・・未提出(未承認)

 

アカウント作成時の状態

個人情報の入力と本人確認書類の提出

おさらいしておきますと下記のような書類のことになります。

スティックペイ(STICPAY)では、かんたんな個人情報で最も簡単な口座はできますがその際はまだ、アカウントの個人情報として身元を表すような「住所」などの登録もしていません。

ここでは、本人確認書類の提出と個人情報の登録ですべての取引ができるようにしていきます。
スティックペイ(STICPAY)の場合「身分証明書」「居住証明証」の2つが求められます。

 

本人確認書類
<身分証明証>

 ・パスポート
 ・運転免許証
 ・保険証

<居住証明書>・・・発行から3ヶ月以内のものに限る。

※公共料金の請求書 例)水道、電気、ガス、電話料金、カード明細書
※住所が同時に写っている必要がある。
 ・個人番号カード(マイナンバーカード)
 ・住民票の写し
 ・在留カード
 ・特別永住者証明書

本人確認書類の提出

1. 本人確認のための「住所」の記入とそれを証明するための本人確認書類のデータでの送信。
※これらはすべて携帯・カメラでの撮影のものでないと受け付けてもらえません(スキャンしたものは×)
※住所表記はすべて「英語表記で(英数字で!)」
※住所の英語表記の苦手な人は「君に届け!」のようなサイトもありますので利用してください。日本語表記を英語表記に変換してくれます。

個人情報の入力と本人確認書類の提出
2. 本人確認書類、送信後は下記のように、現在「居住証明書」「身分証明書」とも「-待機中」となっています。

待機中!

3. メールでも下記のように「お客様のSTICPAYアカウントは審査中です。」が届いています。

お客様のSTICPAYアカウントは審査中です。

4. 上記メールには「・・・審査期間は1~2日程度お時間をいただきます。」とありましたが本人確認書類を送信してたったの4分で承認されました。あまりの速さに驚くばかりです。
その証拠画像はこちら ⬇
※早くて全くのストレスなくすすめることができていいのですが、心配になるぐらいの速さですね。

KYC認証時間早い

5. これで全てが承認となり「すべてのサービスを制限なくご利用いただけます。」とのお知らせメールも届いていました。

STICPAYアカウントは承認完了

6. 管理画面では次のようにすべてが「 ✔承認」となっていますね。

管理画面-全て認証済み

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事